製品紹介

VersaTrans® LV ATF JPVer.

バーサトランス® LV ATF

旧Kendall DEXRON®-Ⅵ(6)ATFは、Kendall VersaTrans® LV ATFに改名されました。

(商品コード:V-6)

※VersaTransとは、Versatile(多目的に利用できる)という英語、Transmissionを重ねた造語です。
LVはLow Viscosity(低粘度)の意味。つまり、VersaTrans LV ATFとは、低粘度タイプのマルチパーパスATFです。

CLASSIC ATFRよりもワンランク上 次世代型マルチパーパスATF 高級輸入車・ハイブリッドカー等にはコレ!省燃費性・耐久性に優れ、コールドスタートに強い!!

製品概要

主用途 オートマチックトランスミッション油
基油 全合成油
摘要 ライセンス情報
  • ①米国GM社:DEXRON-VI規格
    ライセンス番号:J-60175
  • ①米国FORD社:MERCON-LV規格
    ライセンス番号:MLV140201
※旧DEXRON,旧MERCON等が指定されるお車にもご利用いただけます。
交換の目安 4万㎞又は2年毎に交換してください。
  • ※日本の気候、道路事情等を考慮し、条件が異なる軽~大型までを無理なくカバーできるという観点においての目安です。4万km毎、または2年毎に交換して下さい。
パッケージ 1ガロン(3.78L)ペール缶、5ガロン(18.9L)ペール缶、55ガロン(208L)ドラム

低粘度な省燃費設計、耐久度が大幅向上

薄くても強い低粘度合成系ベースオイルと特殊な粘度指数向上剤を採用。
長時間使っても粘度変化がほとんどありません。

実車テストでも証明されています

高排気量(3,500cc)対応の金属ベルト式CVT搭載車で40,000km(2年以内)走行

Kendall?
VersaTrans? LV ATF
新油 使用油
動粘度(@100℃)mm2/s 5.8 5.8
スラッジ発生率 Tr.(=0%) Tr.(=0%)

Kendall® Classic ATF®に比べて油膜が約20%UP

燃費データ
従来のKendall Classic ATFと比較し、約1.0%~1.5%(FR・FFの乗用車)の範囲で燃費向上が確認されています。

規格で見る耐久度の比較

完璧な配合技術。どの角度から分析しても欠点は見当たらない!

ページトップへ

AT特有のフリクションロスを低減

エンジン始動直後からトランスミッションケース(オイル)が適正温度(40℃以上)に上がるまでに発生するAT特有のフリクションロスを低減。約25℃のコールドスタートでもシフト感は静かで滑らか。

コールドスタートの時でも、スムーズな走行を実現。

真冬など外気温が非常に低い地域などでは、エンジンの暖機完了に合わせて走行を開始しても、連動するトランスミッションの暖機が未完了のため、フリクションロス(摩擦抵抗)が発生し燃費が悪化する事があります。
Kendall® VersaTrans® LV ATFはコールドスタート(油温約25℃)の時でも、スムーズな走行を実現し、燃費向上に貢献できます。
【参考】エンジンスタートと同時にATFの温度を短時間で温める装置(ATウォーマー等)を意図的に取り付けている車種もあります。

ページトップへ

高摩擦係数・低摩耗の相反する関係が長期安定

最も重要視される初期摩擦係数はKendall®ClassicATF®の約1.1倍

ATFやCVTFで最も重要な摩擦特性。その摩擦係数がKendall? Classic ATF?よりさらに高水準に設定され、高摩擦係数・低摩耗の相反する関係が長期にわたり持続されます。
※右記数字はアメリカでの
測定値に基づいています。

ページトップへ

消泡性の向上

密度(15℃)g/mm2 0.84
色相
動粘度(40℃)g/mm2/s 29.3
動粘度(100℃)g/mm2/s 5.8
粘度指数 150
引火点℃(C.O.C) 220
流動点℃ -50
銅版腐食試験 1B
泡立ち試験(-40℃) 合格

※製品の改定により予告なく変更される場合があります。

対油切れ、摩耗、焼き付き防止等への信頼度が高まります。

ページトップへ

ATF・CVTFの粘度分布一覧

オイル交換の目安

(注1)上記に記載のないメーカー指定油種名につきましては、各販売店経由にて随時お問い合わせ下さい。
(注2)ハーフトロイダルCVT(日産名:エクストロイドCVT)の純正油「KTF-1」には対応していません。
※上記情報は、予告なく更新される場合があります。

ページトップへ

40,00kmまたは2年ごとがオイル交換の目安です!

オイル交換の目安は40,000kmまたは2年ごとが目安です。これは日本の気候、道路事情等を考慮し、条件の異なる軽~大型自動車までを広範囲にカバーできる基準です。

Kendall® VersaTrans® LV ATFの性能をフルに発揮させる交換方法

ぜひご相談下さい

自社整備を行っているタクシー会社には、よりコストダウンにつながる交換をアドバイスしています。詳しくはご相談ください。

関連リンク

よくあるご質問
お問い合わせフォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • del.ici.ous
  • Clip to Evernote

ページトップへ