長持ちの実力

特許技術MFAが効く

同じ粘度番手、規格において、国産自動車メーカー純正オイル(3種類)、カー用品店のPBオイル(1種類)を無作為に市場から収集。摩擦(摩耗)と酸化安定性について比較分析。

高速四球試験結果

1.高速四球(EP)試験(融着荷重)

「融着」とは過酷な摩擦条件下で摩擦面が高い圧力によって接合することであり、「融着荷重」はこの現象が起こり始めるときの荷重。すなわち値が大きいほど摩擦に対して強いということができる。

2.高速四球(wear)試験(摩耗痕径)

「摩耗痕」とは固体表面の摩耗した跡、または摩耗により表面損傷を受けた部分の輪郭のこと。「摩耗痕径」はその直径である。高速四球試験で摩耗痕径を測定することにより、耐摩耗性を比較することができる。

試験結果
EP試験(融着荷重)の結果については、純正品Cが他社製品に比べて劣る以外は各社同等の性能である、ということができる。
wear試験(摩耗痕径)の結果については、値が小さい=摩擦による摩耗が少ないということだから試験成績の良い順に並べると、①Kendall(ケンドル) ②純正品A ③市販品B ④純正品D ⑤純正品C となる。

酸化安定度試験結果(新油との比較)

⇒粘度比に関しては「Kendall(ケンドル)」および「市販品B」は増加が少ない。

⇒全塩基価の減少分に関しては「市販品B」および「純正品D」は減少が少ない。

⇒残留炭素分の増加分に関しては「Kendall(ケンドル)」および「純正品C」は増加が少ない。

⇒粘度比に関しては「Kendall(ケンドル)」および「市販品B」は増加が少ない。

試験結果
酸化安定度試験において「Kendall」は、全塩基価の減少分に関し「市販品B」および「純正品D」に劣るが、
粘度比・残留炭素分の増加分およびスラッジに関し良好なため最も酸化安定性に優れていると思われる。

Kendall GT-1 SAE 5W-20

吹込時間 動粘度(40℃) 粘度比 全塩基価 全塩基価
の減少分
残留炭素分 残留炭素分の増加分 スラッジ
Hrs. mm2/s R=n/n0 mgKOH/g mgKOH/g mass% mass% Mass%
0(新油) 47.78 - 6.21 - 0.90 - -
24 47.97 1.004 0.23 5.98 0.96 0.06 0.05

純正品A SAE 0W-20

吹込時間 動粘度(40℃) 粘度比 全塩基価 全塩基価
の減少分
残留炭素分 残留炭素分の増加分 スラッジ
Hrs. mm2/s R=n/n0 mgKOH/g mgKOH/g mass% mass% mass%
0(新油) 39.70 - 8.18 - 1.13 - -
24 41.78 1.052 1.80 6.38 1.29 0.16 0.10

市販品B SAE 5W-20

吹込時間 動粘度(40℃) 粘度比 全塩基価 全塩基価
の減少分
残留炭素分 残留炭素分の増加分 スラッジ
Hrs. mm2/s R=n/n0 mgKOH/g mgKOH/g mass% mass% mass%
0(新油) 44.60 - 5.80 - 1.13 - -
24 48.41 1.085 0.97 4.83 1.33 0.20 0.07

純正品C SAE 0W-20

吹込時間 動粘度(40℃) 粘度比 全塩基価 全塩基価
の減少分
残留炭素分 残留炭素分の増加分 スラッジ
Hrs. mm2/s R=n/n0 mgKOH/g mgKOH/g mass% mass% mass%
0(新油) 39.97 - 7.01 - 1.64 - -
24 40.29 1.008 0.83 6.18 1.73 0.09 0.07

純正品D SAE 5W-20

吹込時間 動粘度(40℃) 粘度比 全塩基価 全塩基価
の減少分
残留炭素分 残留炭素分の増加分 スラッジ
Hrs. mm2/s R=n/n0 mgKOH/g mgKOH/g mass% mass% mass%
0(新油) 41.57 - 5.56 - 1.17 - -
24 42.69 1.027 0.73 4.83 1.32 0.15 0.05

総合比較

5種類のオイルを各性能ごとに5点満点で相対評価をしました。
結果は下記の通りです。

性能の高い順に5、4、3、2、1となっています。
したがって

面積が大きいほど性能が高い。
正五角形に近いほど性能のバランスが良い。

ということが言えます。

大切なのはトータルバランスです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • del.ici.ous
  • Clip to Evernote

ページトップへ